BMI

身長、体重、腹囲を計測することで、肥満ややせの程度を調べる検査項目です。肥満は動脈硬化や高血圧・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病の温床になります。また、やせすぎは、消化器系や代謝・内分泌系の病気が潜んでいる可能性があります。

医師は、計測の結果とその他の検査結果を照らし合わせながら病気の特定や危険性を推測したり、予防するための指導を行います。

検査は、身長と体重を測定し、BMIを算出して肥満かどうかなどを判定します。腹囲はおへその位置で水平に測定します。

腹囲およびBMIはメタボリックシンドローム該当者判定および特定保健指導の階層化に使われる項目です。

◆基準値
・BMI
18.5〜25未満(標準値22)

<算出方法> 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=あなたのBMI値

・標準体重
<算出方法> 身長(m)×身長(m)×22 =あなたの標準体重

・腹囲
男性:85cm未満
女性:90cm未満

●基準値から外れた場合に考えられる病気

・高値
動脈硬化 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症

・低値
栄養不良

※要精密検査、要治療と診断された方は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

BMIを気にしている方にお薦めのラプラス登録商品について

機能性表示食品の商品を見る 特定保健用食品(トクホ)の商品を見る

BMIに関係するwikiやメーカーの研究サイト(外部リンク)

サントリー 大塚製薬 ライオン 日本製粉 Wikipedia-BMI

BMIに関係するニュース(外部リンク)

ページトップ